アットコピア・ユーザーマニュアル
基本的な使い方
1.起動 〜 ファイルに名前をつけて保存する
ダウンロード〜インストールが完了したら、アットコピアを起動させてください。

作業開始(アドレス収集&リスト作成)にあたって、まずはファイルに名前をつけて保存するところから始めます。
1:アットコピアを起動させます。

名称未設定ファイルが開きます。

2:メニューをクリックし、名前を付けて保存(別名で保存)を選択します。



3:名前を付けて保存ウインドウが開きます。
保存する場所(フォルダ名)とファイル名は、一般的なWindows用ソフトウェアと同様に、自由に設定可能です。

初期設定では、保存する場所はAtcData01フォルダ、
ファイル名は、A年月日_時分秒.txtとなっていますが自由に変更可能です。


4:ここでは事例として、マイドキュメント内にアドレスリストフォルダをつくり、その中へ3月分.txtというファイル名で保存するものとします。
フォルダを作成し、ファイル名を付け、保存ボタンをクリックします。




5:アットコピアのファイル名表示が3月分.txtに変わりました。
参考:
ファイル保存の初期設定AtcData01フォルダは、以下の場所にあります。

(スタート)
  ↓
 マイコンピュータ
  ↓
  (C:)
  ↓
 Program Files
  ↓
 ACTBEEN
  ↓
 Atcopier
  ↓
 AtcData01


ヒント:
保存したフォルダのショートカットをデスクトップに置くと、フォルダをすぐに開くことができて便利です。
2.メールアドレスの収集
ここからは、受信したメールなどから、メールアドレスをコピー&ペーストで収集し、アドレスのリストをつくる手順を説明します。
1:メールアドレスの周囲をおおまかに選択し、コピーします。


コピーするだけ(ペースト操作無し)で、メールアドレスだけを抽出しアットコピアに読み込みます。

この操作をくり返すことで、アドレスのリストがつくれます。


ヒント:コピーのしかた

右手のマウスでアドレスの周囲を選択し、左手でCtrlキーとCキーを押してください。

または、右手のマウスでアドレスの周囲を選択し、右クリックしてメニューが表示されたらコピーを選択してください。





















2:データを読み込むと、窓の色が赤に変わります。赤はデータが保存されていないときの警告色です。




3:上書きをクリックすると上書き保存され、窓の色が緑に変わります。


ヒント:
上書き保存はメニューから上書き保存を選択しても可能です。
4:複数のメールアドレスが並んでいる場合、全体を選択してコピーすれば、アドレスだけを抽出し一度に読み込めます。
















5:受信したメールを開かずにアドレスだけまとめてコピーできます。
 受信したメールを開かずに
 アドレスだけまとめてコピー可能!












この方法を使えば、今までの100分の1以下の作業時間でアドレスリスト作成が可能です。 詳細はメールアドレスを一度にまとめて抽出する方法をご覧ください。


6:作業が終了したら上書き保存し、メニューからAtcopierを終了を選択し終了してください。


7:作成したアドレスのリストは、パソコン内に「○○○.txt」という名称(付けた名称)で保存されています。メモ帳などのテキストエディタで開いて使用してください。


3.エディタで開く
アットコピアでファイルを処理中、エディタで開くボタンをクリックすれば、メモ帳などのテキストエディタで開くことができます。

開いたファイルのアドレスの修正作業が可能です。

詳細は、ユーザーマニュアルのエディタで開くを参照してください。


注意: アットコピアを起動させたままエディタ上でアドレスのコピー操作をすると、アットコピアに再度アドレスがペーストされ、データが増えます。
エディタ上でアドレスのコピー操作をするときは、いったんアットコピアを終了させ、エディタのみを起動させた状態でコピーしてください。
4.メルマガ配信システムへのアドレス登録


アットコピアとセットで
使いたい「登録くん」
無料ダウンロードできます
↓↓↓

メールアドレス登録ソフト
ご利用のメルマガ配信システムにアドレスを登録するには、次のA〜Cの方法があります。

A■「エディタで開く」ボタンをクリックしエディタで開く

「エディタで開く」ボタンをクリックしてください。 アットコピアのデータが、メモ帳などのテキストエディタで開きます。

この後、エディタは開いたままで、アットコピアは終了させてください。
その後、配信システムの登録画面にアドレスをコピー&ペーストしてください。
 ↑↑↑
アットコピアをいったん終了させる理由ですが、アットコピアを起動させたままエディタで アドレスのコピー&ペースト作業をおこなうと、 同じアドレスを再度アットコピアに読み込んでしまうなどの不都合が起きるためです。


B■いったんアットコピアを終了し、アドレスリスト(テキストファイル)をエディタで開き、アドレスをコピー&ペーストで登録画面に入力する。

※メルマ、まぐまぐ等の無料配信システムをご利用の方は、アドレス登録用ソフト「登録くん」をお使いいただくと便利です。一定数×複数回のアドレス登録が、マウス操作だけで簡単にできます。
登録くんドットコム
http://106kun.com/

※エディタにメモ帳を使っている方が多いと思いますが、 他のエディタに変更したい場合は、ユーザーマニュアルのエディタの変更を参照願います。


C■アドレスリストを直接アップロードする。
(ご利用の配信システムが、この方式に対応していることが必要です)
5.リセット
同一アドレスを連続してコピーすると、データを読み込まなくなることがあります。
その際は、Resetボタンをクリックしてください。
データの読み込みを再開します。
6.リスト内を分類する
アットコピアは、●印で始まる文字列以降をひとまとまりの区画、ブロックとして処理します。

ブロックを利用すれば、アドレスを日付ごと、商品ごとなどに分類して管理できます。


詳細は、
並べ替える(ブロック内)
で始まる文字列を削除
を参照してください。



ヒント:これら以外にも、さまざまな機能がありますので、ユーザーマニュアルの各項目を参照してください。
 
検索エンジンまたはリンク先からこのページにアクセスされた方は正常な画面がご覧いただけません。
いったんアットコピア・ドットコムのトップページへ移動し、ユーザーマニュアルへアクセスしてください。
アットコピア・ドットコム