アットコピア・ユーザーマニュアル
指定文字を含むアドレスを削除
アットコピアでは、指定した文字(文字列)を含むアドレスの削除が可能です。







1:ファイルを開きます。

2:メニューから指定文字を含むアドレスを削除を選択します。
3:ウインドウが開きますので、指定したい文字を入力し、上の文字列を含むアドレスを削除するボタンをクリックします。

一例として、tatoeba.netと入力し、ボタンをクリックします。
4:tatoeba.netという文字列を含むアドレスが、指定文字を含む削除したアドレス.txtとして削除されます。
5:ファイルを上書き保存してください。
 

右側のボタンをクリックすると、前回保管した最新の削指定文字を含む削除したアドレス.txtを呼び出すことができます。

削指定文字を含む削除したアドレス.txtは、Atcopierフォルダ内の AtcData02フォルダに保存されています。


ヒント:削指定文字を含む削除したアドレス.txt以外の名称で保存したいときは、テキストエディタのファイル保存方法にしたがって、任意のファイル名で任意の場所に保存可能です。
 
毎回、同じ文字列を入力する場合
毎回、同じ文字列を入力する必要がある場合は、ファイルの一部に、指定文字を事前に記入しておきます。

左の例では、アドレスリストのフォーマットの一部に●削除アドレスとしてtatoeba.netを事前に記入してあります。
この状態でtatoeba.netという文字列を選択してから、メニューの指定文字を含むアドレスを削除を選択すると、ウインドウ内に自動的に指定文字tatoeba.netが入力されます。







 
検索エンジンまたはリンク先からこのページにアクセスされた方は正常な画面がご覧いただけません。
いったんアットコピア・ドットコムのトップページへ移動し、ユーザーマニュアルへアクセスしてください。
アットコピア・ドットコム