アットコピア・ユーザーマニュアル
コピー時のカンマの処理
アットコピアは、.(ドット) ,(カンマ)に誤って入力しているアドレスも、正しいアドレスであるとみなしてコピーします(初期設定)。
これは、誤ったアドレスをいったん読み込み、後で不正アドレスであると判定・除外し、正しいアドレスに修正するための措置です。
.(ドット) ,(カンマ)に誤入力したアドレス
(よくある入力ミスです)
       ↓

ty2008@tatoeba,net
多くの場合、「カンマはドットの誤入力である」とみなして処理しても問題ないのですが、データ形式によっては、アドレス間をカンマで区切っていることがあります。

アドレス間をカンマで区切っている例
事例1:1行1アドレス
peko@hottenmail.com,
9chan@gwanbare.com,
akihiko1983@mail.poo.ne.jp,

事例2:連続したアドレス
peko@hottenmail.com,9chan@gwanbare.com,akihiko1983@mail.poo.ne.jp,



上記のようなアドレスをコピーする場合には、カンマとドットの区別が必要です。
その際は、アットコピアの設定を以下の手順で変更してください。




1:ツールからコピー時のカンマの処理を選択します。
2:ウインドウが開きます。
初期設定では、コピー時にカンマをドットであると判断するが選択されています。

3:コピー時にカンマをドットであると判断しないにチェックをつけ、設定/閉じるをクリックしてください。

以上で、カンマの処理方法が変更されます。

※通常は設定を元に戻しておいてください。

 
検索エンジンまたはリンク先からこのページにアクセスされた方は正常な画面がご覧いただけません。
いったんアットコピア・ドットコムのトップページへ移動し、ユーザーマニュアルへアクセスしてください。
アットコピア・ドットコム