ACTBEEN > アットコピア > Q&A
 メールアドレス収集ソフトウェア
アットコピア for Windows98/Me/2000/XP
Q&A (多く寄せられるご質問)

■Q1 フリー版と有料版の違いは何ですか? 扱えるアドレス数の上限は?
■Q2 有料版に利用期限はありますか? 追加料金は発生しますか? バージョンアップしたときに追加料金は発生しますか?
■Q3 何回ダウンロードできますか?
■Q4 パソコンの買い替えやアットコピアの再インストールをしたとき、新しいパスワードが必要ということですが?
■Q5 そもそも、アットコピアの用途は?
■Q6 バージョンアップしたか知る方法は?
■Q7 Macintosh版の開発予定は?




Q1 フリー版と有料版の違いは何ですか? 扱えるアドレス数の上限は?
フリー版(無料版)で収集(抽出)できるのは、アドレス10個(10行)までです。
フリー版にパスワード(有料)を入力することで、アドレス3万個まで収集可能な有料版になります。(1回の操作で処理可能なのが、ソフトの能力上、最大3万個のメールアドレスまでである、という意味です。一度購入いただければ、永続的に何件でも使用可能です。有料版には利用制限は設けていません)
フリー版と有料版は、処理できるアドレス数が異なるだけで、ダウンロードするプログラムファイル、機能は同じです。
有料版で多数のアドレスを処理する場合、操作によっては時間がかかる場合などがあります。処理能力のページをご確認ください。

↑戻る

Q2 有料版に利用期限はありますか? 追加料金は発生しますか? バージョンアップしたときに追加料金は発生しますか?
一度代金の6800円をお支払いいただければ、その後は継続してご利用いただけます。追加料金が発生することはありません。
また、バージョンアップの際も追加料金をいただくことはありません。(ただし、別製品と呼べるような大幅な機能変更を実施した場合を除きます)

↑戻る

Q3 何回ダウンロードできますか?
ダウンロードは無料ですので、無料ダウンロードのページからメールアドレスを入力し送信していただけば いつでも何度でもダウンロード可能です。

↑戻る

Q4 パソコンの買い替えやアットコピアの再インストールをしたとき、新しいパスワードが必要ということですが?
有料版ユーザー様には、必要に応じてパスワードを無料にて再発行しています。

アットコピアのパスワードのしくみですが、アットコピアを再インストールした場合には、パスワードを再度入力していただく必要があります。
パスワードをいったん入力すれば、 再インストールしないかぎり継続して有料版としてご利用いただけますが、パスワードは発行後7日を過ぎると制限解除能力が無くなるしくみになっています。
発行後7日を経過したパスワードを入力しても、すでにパスワードとしての能力が無くなっていますので、フリー版を有料版にすることはできません。あらたなパスワードが必要です。 (※パスワードの有効期限には、多少余裕のあることがあります)

そのため、アットコピアを再インストールした場合、前回発行されたパスワードは無効になっていることがあるため、 あらたにパスワードの再発行を受ける必要があります。
パスワード再発行のページからお申し込みいただければ、有料版ユーザー様には無料でパスワードを再発行いたします。

↑戻る

Q5 そもそも、アットコピアの用途は?
一般に言われる「メールアドレス収集ソフト」は、「巡回型」のメールアドレス収集ソフトです。インターネット上を自動的に巡回し、ホームページなどに記載されたメールアドレスを収集します。
しかし、そうやって収集したメールアドレスにメールを送った場合、たとえ法律に沿って表示等をして送信しても、受信者からはスパムメール・迷惑メールと判断され、宣伝効果がきわめて低く、苦情が殺到するのが実情です。
アットコピアは、いわゆる「巡回型」のアドレス収集ソフトではありません。受信したメールからアドレスだけを素早く取り出し、効率よくアドレスの整理とリスト作成をおこなうためのソフトです。あえて言えば、「受信型」のアドレス収集ソフトと呼べるでしょう。
具体的なご利用方法としては次の2点などがあります。
1:ネットショップなどで、いままでに注文をいただいたお客様のアドレスをメールソフトから抽出し、新情報やおすすめ商品の案内メールを配信する。
2:代理登録方式のメルマガで、一括投稿サイトから転送される投稿依頼メールから投稿者のアドレスを抽出する。

↑戻る

Q6 バージョンアップしたか知る方法は?
メールにてお知らせします。無料ダウンロードの際、メールアドレスを入力いただいておりますが、そのアドレスにバージョンアップのお知らせをお届けします。※メールの配信解除(停止)をされた方には届きませんので、ご注意ください。
今までのバージョンアップ履歴をご覧になるには、「ユーザーマニュアル」→「ツール」の中の「マニュアルを開く/バージョン情報」をご覧ください。
http://atcopier.com/manual/tool_03_manual_version.html
上記ページの方法で、あなたが現在お使いのアットコピアのバージョン情報も確認いただけます。

↑戻る

Q7 Macintosh版の開発予定は?
当面、開発の予定はありません。
Macユーザー様がアットコピアをご利用いただく場合、以下のような対応をご検討ください。

1■MacOS上でWindows用ソフトを動かすエミューレーターを使用する。
代表的なエミュレーターに「Virtual PC」があります。
http://www.7dream.com/find/d1q6/02g/
※実際にアットコピアが使用できるかは未確認ですが、一般的なWindows用ソフトの多くは使用可能なようです。

2■Windowsパソコンを使用する
A:Windows98SE、WindowsMeであれば、オークション等で
  1万円以下で程度の良い中古が入手できることがあります。
B:新品のWindowsパソコンでも、4万円代で入手できるものがあります。
http://www.epsondirect.co.jp/at951/

2につきましては、ご質問の趣旨に沿わない回答かもしれませんが、アットコピアをどうしても使用する必要がある場合の、現実的な選択肢かと思います。
↑戻る

その他、ご不明の点がありましたら、お問い合わせのページからお送りください。メールにて回答のうえ、必要に応じこのページで公開させていただきます。

アドレス収集/HOME

重複アドレス削除
不正アドレス修正

無料ダウンロード
(フリー版/有料版 共通)


有料版お申し込み
(初回パスワード取得)


ユーザーマニュアル
(詳しい機能説明はこちら)


パスワード再発行

処理能力

Windows Vistaでの作動

Q&A

アフィリエイト

お問い合わせ

サイトマップ

サイト情報
プライバシー・ポリシー
アットコピア・ドットコム All Rights Reserved.